ポンド/円5分足MACDスーパースキャル〜実践編〜

NO IMAGE
Pocket

[会員限定]ポンド/円5分足MACDスーパースキャル〜概要編〜」の実践編です。

みなさん、MACDをMT4に導入するところまではできていると思います。

 

そこで、ダウンロードした「MACD2」を使います。

まず、左上の[ファイル]→[新規チャート]をクリックします。

 

通貨ペアがいくつか出てきます。

下の方の[Forex3]→[GBP/JPY]をクリックします。

このGBP/JPYがポンド/円です。

 

チャートが出てきますね。

このチャートのウィンドウのすぐ上にM1 M5、、、と並んでます。

この中から「M5」をクリックします。

これが「5分足」です。

M=分

H=時間

D=日

M=月

となっています。

チャートウィンドウの左上に[GBP,JPY.M5]と表示されていればOKです。

 

このチャートに、ダウンロードしたMACDを載せていきます。

[挿入]→[インディケータ]→[カスタム]→[macd-2]をクリック。

 

下画像のようなパラメータ入力画面が開きます。

ここに入力した値に基づき、MACDが表示されます。

画像のように、

FastEMA=9

SlowEMA=17

SignalEMA=9 と入力します。

 

[色の設定]タブで、表示されるMACDの各ラインの色や太さの設定ができます。

よくわからないうちは、デフォルトでもいいと思います。

これでMACDが表示されると思いますが、せっかくなので移動平均線も表示させます。

僕が日々教えるテクニカルの考え方の要素は、

「ダウ理論」「移動平均線」「MACD」「トレンド」なので。

 

まず、[挿入]→[インディケータ]→[トレンド]→[Moving Average]をクリックします。

Moving Average が、移動 平均 をいう意味です。

 

またこのようなパラメータ入力画面が開きます。

期間を「21」にしてください。

 

色も変えられます。

この後もう2本表示させるので、お好きな色でどうぞ。

色と期間を設定したら、他は変えずに「OK」をクリック。

 

もう2本追加します。

期間を「75」「200」のものを、同じ要領でそれぞれ追加してください。

尚、3本とも色が違う方が見やすくなります。お好みの3色をどうぞ。

(画像は300と入力していますが、ミスです。75、200でお願いします。)

 

このようになればOKです。

 

この

短期:21

中期:75

長期:200

の移動平均線と、

短期EMA:9

長期EMA:17

シグナル:9

のMACDを駆使します。

これは、ポンド/円5分足MACDスーパースキャルだけでなく、

普段のドル円やユーロドルなどどんな足でもこれでいきます。

ポンド/円5分足MACDスーパースキャルではMACD重視というだけです。

 

また、この手法ではあまり重視しませんが、数日以上を見込んでポジションをとる時は、ダウ理論に基づいて出来高も見る必要があります。

 

出来高というのは本来、ある一定期間(ローソク足)の間に株が取引された総額を表すものですが、

FXでは取引された額が膨大すぎて把握できない為、ボリュームという指標で代用します。

(ボリュームとは取引が成立した数のことで、「1億円の取引でも1回じゃん」というツッコミも来そうですが、1億円でも小分けにして(1000通貨ごとなど)投下する為、意外と出来高と同じような結果になります。)

 

[挿入]→[インディケータ]→[ボリューム]→[Volumes]です。

画像はないですが、ここまで来たなら、サクッとできると思います。

 

さぁ、準備は整いました。

移動平均線、MACD、ボリュームが表示されてるチャートに、水平ライン、トレンドラインを引いて数日間をベースにして爆益を目指していきます。

 

水平ライン、トレンドライン、ダウ理論についても書いていきますが、

とりあえず今は5分足、MACDを駆使してタネ銭を作っておいてください。

 

最後に一工夫。

 

他の通貨ペアや時間足でやる時に新しいチャートを開くわけですが、

いちいち上記の手順踏むのめんどくさいですよね?

なので、上記の設定をMT4内に保存してしまいましょう。

 

[チャート]→[定型チャート]→[定型として保存]をクリックし、

好きな名前をつけて保存します。

保存先フォルダはデフォルトで大丈夫です。

 

いざ使う時は、上記の設定のチャートを表示させたい通貨ペア、時間足を選んで、

[チャート]→[定型チャート]→[読み込み]をクリックして、

先程保存したファイルを開きます。

 

新しいチャートの表示は、最初の[新規チャート]から選んでくださいね。

 

これで取引する寸前まで来れました。

あとは入金するだけです。

 

尚、ポンド/円5分足MACDスーパースキャルは、PCでチャートを開き、

スマホのMT4アプリからトレードするのがおすすめです。

 

また、最後に紹介した定型チャートとして保存するのは、

後々みなさんが独自の手法を確立した時や、

他のプロトレーダーの手法を試す時にも多用するため、先に覚えちゃった方が楽だと思います。

 

豆知識(的な)

取引を目前にしていると思いますが、ここでワンポイントアドバイス。

 

XMの場合、

みなさんレバレッジ888倍のスタンダード口座で開かれていると思うので、1lot=10万通貨となります。

10万通貨は、レートによりますがドル円だとだいたい1万円の証拠金があれば取引できます。

(10万通貨=10万ドル。日本円だと1000万円ぐらいなイメージ。すげぇw)

 

でも、そのロットで取引しても、だいたいいくら稼げるのかなんとなくわからないですよね。

 

なので、僕がイメージしている金額を書いておきます。

 

0.01lot=1000通貨=1円の値動きで1000円程度

0.1lot =10000通貨=1円の値動きで1万円程度

1lot=10万通貨=1円の値動きで10万円程度

 

明らかに1円以上上がる時に、1000通貨しか買わないのはもったいないですよね。

10lot買えば100万円儲かるわけですから。

 

これ、とりあえず覚えておいてください。

あとで必ず役に立ちます。

 

でも、最初は危ないので、小ロットで取引して相場に慣れてくださいね。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。