最初はFX。そしてテクニカルを勧める理由

最初はFX。そしてテクニカルを勧める理由
Pocket

僕は投資というものを始める人がいる時、FXを強く推奨します。

 

なぜ株や先物、オプションなど様々な投資商品がある中で、一般にリスクが高いと呼ばれるFXを勧めるのかを、今回は僕が参加している、株式市場と為替市場を比較しながら説明します。

(予想以上に長くなりました。すみません。)

 

テクニカルとファンダメンタル

まず、相場分析の2大手法、テクニカルとファンダメンタルについて。

 

テクニカルというのは、チャートを主とし、そこに移動平均線を始めとする様々なテクニカルチャートを表示させて、未来の値動きを分析する方法です。

 

ファンダメンタルはいわば環境分析で、株であれば企業の業績や不祥事、IRなどです。

FXの場合は、各国の選挙や政府が発表する経済指標などです。

 

ファンダメンタルの言い分は、市場の値動きは需要と供給によって決まるというもの。

ある企業の業績が来期2倍になるという噂が出れば、配当金が出るかもしれないなどの思惑から需要が増え、価格は上昇します。

逆に不祥事や業績予想下方修正など、マイナスな材料が出れば、需要は減り価格は減少します。

そして、この需要と供給の結果が価格となりチャートとなり表れるというのです。

 

テクニカルは、ファンダメンタルの言い分を逆手に取り、どんなファンダメンタルな要因も現時点の価格にすべて織り込まれているというのです。

つまり、いかなるファンダメンタルもすべて考慮した結果がその時点での価格であるというもの。

 

これはもちろん事実ではなく、ある意味「前提」ということで、テクニカルを極めし者は、企業の業績や政府の政策には一切興味を示さずに、価格の推移と、その結果表れるチャートをもとに取引しているのです。

 

僕はもちろん、このテクニカル分析を生業とする市場参加者(プレイヤー)は非常に多いのも事実で、それはテクニカル分析という手法の大前提に起因します。

 

テクニカル分析は万能である

移動平均線、ボリンジャーバンド、ADX、MACD、一目均衡表、EMA、RCIなど、テクニカル分析の手法は非常に様々なものがあります。

 

このすべてに共通するのは何か。

それは、チャートが存在する市場ならば、どこでも通用するというもの。

FXだろうが株だろうが先物だろうが、市場に参加するプレイヤーの値動きに対する深層心理は、舞台が変わってもおおよそ変わらないのです。

 

移動平均線がゴールデンクロスしたら価格は上がるし、ボリンジャーバンドの−2σに価格が達したらそれは下がりすぎだという心理が、株だろうがどこだろうが変わらないのです。

 

故に、1つのテクニカル分析を極めれば、どんな市場にいっても通用するのです。

これって、後々違う市場で闘う時、かなり有利じゃないですか?

 

ではファンダメンタルはどうか

一方ファンダメンタルの場合、FXと株を比較するだけでも、気にかけることは大きく変わります。

 

株の場合はまず、

・決算報告書

・企業の概要

・企業が属するセクター(分野)の動向

・PERやPBR、ROEなどの指標

・時価総額

などの数値を分析する必要がありますね。

 

仮にこれで、株式に対するファンダメンタル分析を極めたとしましょう。

で、その知識をもとに、為替の市場に入っていけますか?

 

無理です。

為替、つまりFXはFXで、ファンダメンタルに必要な知識は変わるのです。

企業の時価総額なんて気にしませんし、PERなんて指標はありませんから。

 

これが、僕が「まずはテクニカル分析を極めなさい」という理由です。

 

株式市場の罠

ではなぜ株ではなくFXを勧めるのか。

 

みなさんせっかくトレーダーの道を歩き出したからには、手っ取り早く稼ぎたいですよね?

 

ここに、FXを勧める理由があるのです。

 

株は、投資対象が多すぎる

株式市場の場合、上場している企業は3600社以上です。

 

FXの場合、投資対象となる通貨ペアはだいたい30ペア程度です。

しかも、だいたい米ドル、ユーロ、英ポンド、円、豪ドルです。

(スワップ狙いならトルコリラなどもありますが)

駆け出しでスイスフランに投資したいという人はあまり見ません。

 

まずはここです。

上場企業3600社のチャート、業績を1つ1つ調べていくのは、膨大な時間がかかりますよね。

(慣れれば四季報を2時間くらい読むだけでピックアップできますが。)

それに対しFXは、だいたい4種類くらいの通貨ペアから選べばOKです。

 

株は、値動きの要因が謎な場合がある

FXの市場が動くのはだいたい国の政策や世界情勢の変化です。

つまり、ニュースで流れるレベルのものです。

 

それに対し株の場合は、値動きの要因がつかみきれない時が多々あります。

これは嫌ですね。特に初心者の方はまったくわけがわからないと思います。

 

極めつけは、仕手の存在

 

僕が特に伝えたいのはここです。

 

株式市場には「仕手」と呼ばれる集団がいます。

要は、1つの銘柄に大金を投資し、意図的に値を吊り上げるというもの。

これが、最近は特にこわいんです。

それは、Twitterなどで有名なトレーダーが「◯◯を買いました」と呟くと、その銘柄が暴騰するんです。

これもいわば仕手ですからね。

まぁ、その暴騰した瞬間に発信元のトレーダーは売り抜け、乗った一般のトレーダーが大損を食らうことから「嵌め込み」と言われてますが。

 

もし上記のような状況ということを知らずに、ただ暴騰したからって買うと痛い目見ますよね。

しかも最近はSNSで誰でも発信元になれる可能性があるため、それを把握するのはめちゃくちゃ難しいです。

投資専用アカウントとして運用して、2000人程度フォロワーがつくとだいたい値が動きます。

 

ある程度相場経験を積み重ねると、

「あ、この銘柄誰かが仕込んでるな」とかわかるようになるので、上記のような大損は避けられるようになりますが、駆け出しでまともにチャートが読めない時にその銘柄にヒットすると、最悪です。

 

それに対しFXの場合は、市場が何兆円という規模なので、仕手というのはまったくありません。

純粋に分析だけでトレードできます。

 

含み損益の増減にも慣れる

自分のお金を使うわけですから、損は避けたいですよね。

 

株の場合、ある銘柄を買ったら、売却時に手数料が取られるので、

100円で買ってストレートで200円で売れば、含み損益はマイナスになりません。

 

FXの場合は、スプレッドという売値と買値に差があります。

なので、100円で買ってその瞬間売ったら99.997円とかになります。

 

要は、FXは買った瞬間に含み損を抱える為、含み損を見慣れられるんです。

 

人は損が出ていると焦って冷静な判断ができなくなります。

なのでその「損が出ている状況」に慣れる必要があるんです。

 

テクニカルのFXこそ、最初にやるべき

だから、まず最初はFXの市場で自分のテクニカルを極めることが、勝ち組トレーダーへの道だと思います。

 

そして、テクニカルを勉強する以上は、

「全てのファンダメンタル要因は、価格に織り込まれている」という大前提を信じ抜くことが大切です。

 

そうすれば、経済指標や米大統領を筆頭とする要人発言、さらには震災などの自然現象さえ、気にしなくていいようになります。

 

そうすると、

地震が起こっても内閣が解散してもどっかの国が破綻してもチャートを見る必要がなくなり、

毎日寝る前にチャートをちらっと見るだけで済むようになります。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。