[FX]懐かしのポンドドルに狩られた話。

[FX]懐かしのポンドドルに狩られた話。
Pocket

最近の相場は難しいですねぇ。

 

[[FX]久々の大敗!トレンドラインの引き方をミスるとこうなる。]で10万円口座を吹っ飛ばしたのはみなさんご存知の通りです。

 

そこから愛しのドル円ちゃんと優しく触れ合って、10万円まで戻し、さぁ振り出しというところまできました。

これが1月29日の夜ですね。

基本的にハイレバで勢いよく戻しました。

 

で、昨日の1月30日。

昼間FX仲間と打ち合わせをした中で、ポンドドルの話が出てきました。

そう、僕は昔、ポンドドルで闘っていた時期があったのです。

最近はドル円とポンド円しか触っていなかったんですが、

「久々にやってみようか、、、」と思いました。

 

 

さて、昨日ポンドドルにエントリーした時はこんな感じでした。

右から2番目の陰線で水平ラインを割り込んでいるのが見えますね。

 

ひげのない実態の陰線が引かれた時、もう1本様子見をするのが僕のセオリーです。

ウイスキーを飲みながら次のローソク足が引けるのを待ちます。

 

そして1番右のローソク足。下ひげ陽線である。

チャートが読める人ならここはどう考えても買い。

水平ラインでの下ひげ陽線にて調整の下落は終わり、再び上昇に向かうという分析が正しい。

市場の動きとしては、売りがすべて終わり、買い圧力が強まったということ。

 

それなのに!!!!

 

なぜか僕はそこで売りました。20枚も。

 

もちろん相場はこのように大きな陽線が出現。圧倒的な上昇トレンド。

 

ちーん。

 

ゼロカット神。

 

22円じゃさすがに1000通貨も張れないので、また1万円くらい入金してがんばります。

 

にしても、ほんとゼロカットもハイレバも神だなと思うとともに、ポンドは危険すぎるということも再認識しました。

値動き早すぎです。ww

 

kskが使っている海外FXブローカーXMの口座解説はこちらから。

 

XMのメリットデメリットはこちら↓↓

[XM]海外FXを利用するメリット&デメリット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。