SHONAN大幅改良!その名も「Aniki」爆誕!

SHONAN大幅改良!その名も「Aniki」爆誕!
Pocket

どうもKSKです!

 

いま話題のEA「SHONAN」が大幅アップデートされましたので、報告、および募集のお知らせです!

※文中はAnikiとなっておりますが、現在はLeoという名前に変わっています。

アップデートの理由

まずはアップデートする理由からです。

 

SHONANは現在、8pipsごとに21発のナンピンを打ち、トレンドを追いかけて反転したタイミングで無理やり利確するというロジックです。

 

これのいいところは、およそ170pips以内で戻りがあれば確実に利確されるという点です。

が、逆に戻りがないと証拠金すべてが吹っ飛んでしまうという欠点もあります

 

現に、その吹っ飛ぶタイミングで代表的な経済指標発表時、要人発言時に停止しなかったり、そのタイミングでポジションをすべて決済していなかったユーザー様は何人かゼロカットを食らっています。

 

これをどうにかできないものかと開発と話し合い、出来上がったのが「Aniki」です。

 

まずは発数ごとの勝率を洗い出してみる

まずは、今まで公開してきたデモ口座と、IB口座で運用して頂いている方のロット決済情報から、何発のポジションを持ってから決済される確率が高いのかを検証してみました。

 

ちなみにこのロジック、SHONANとして世に出したのは最近ですが、もう3年近くの実績がある為、その量は実に膨大です。

 

画像はチラ見せですが、こんな感じ

このようなデータ取りから、ほとんどが1ポジ目。

割合にして実に96.1%が6ポジ目以内に決済されていることがわかりました。

 

ということで、48pipsの話を突き詰める

 

ナンピンの幅は8pipsで、6ポジ目以内ということは48pipsです。

 

ということはその逆行幅を超えたら潔く切り(損失A)、48pips以内で利確された分を積み上げ(利益B)、相対的に見て利益Bが損失Aを上回るような形にすれば、資金はおのずと右肩上がりになるのではないかという、ごく自然な結論に至りました。

 

また、利確する為に必要な反転幅をもっと狭くすれば、利確の確率は上がります

 

そこで、Anikiはナンピン幅を5pipsにしました。

 

そして、先ほどの「高確率で利確される逆行幅」である48pipsの猶予を持たせ、

5pipsの9発ナンピンというロジックが生まれました。

 

収益力を上げる為に

48pips以内の逆行を、5pips反転で利確していくので、これで上記のような決済確率データをとると、少なくとも90%を超えると思います。

ということは、この90%勝つ中での利益が小さくっちゃおもしろくありません。

 

ということで、ロットもSHONANに比べて大きくなっています。

詳細は教えてもらえませんでしたが、体感で2倍〜3倍

 

そして、ナンピンの幅が狭まった分利確の確率が上がる=利確の回数が多いので、SHONANと比べると格段に収益性が上がっています

 

 

指標管理で損切り率を下げる

SHONAN同様、Anikiも指標管理を推奨しています。

それは、指標発表時の急激な相場変動での損切りを避ける為。

 

指標管理、つまりオンオフについては、従来と同じようにSHONAN公式アカウントを参考にして頂ければなと思います。

 

 

 

SHONANはトレンドを追いかける仕様の為、推奨の時間にオフにしても指標発表時にポジションを持っていることが多かったのですが、Anikiは利確に必要な幅も損切りの幅も狭いので、指標時にポジションを保有していることは減るのではないかなと思います。

 

大きな変更点はSL設定とロットの変更

というわけで、SHONANに比べて大きな変更点は、損切り(SL)の設定がされたのと、ロット、ナンピン幅の変更です。

 

おかげでまったく別のEAになってしまいました。

 

別物なので、名前も変えたし、有料です

まったく別物になってしまったので、もはやSHONANのアップデートや修正ではありません。

というわけで、既にSHONANをお使いの方も、差し替えではなく有料という形になります。

 

従来のIBなしのプランは廃止し、タイタンIB、XMIBで、一律10万円にてご案内します。

 

 

 

また、名前はAnikiとします。

すずさんが「アニキ」の愛称をつけてくださり、それがユーザー様間で浸透しているので、「アニキは修行に出て強くなったぞ」というニュアンスで理解してください。笑

 

利用したい方はKSK公式LINE@へご連絡ください。

また、いつも仲良くしてもらっているすずさんに、Anikiを紹介して頂きました。そちらもご覧になってください!

 

Aniki(SHONAN改) KSK  ”SHONAN”を元に改良された新EA

 

 

2019.11.14追記

現在は「Aniki」、及びその改名後の「Leo」は原則販売しておりません

「Hiatus(ハイエイタス)」というEAが、進化、後継モデルとなっており、販売価格2万円、スタート金額3万円(マイクロ口座使用時)となっております。

 

詳しくはこちら

 

 

.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。