10月14日(月)〜10月19日(金)[EA稼働推奨時間]

10月14日(月)〜10月19日(金)[EA稼働推奨時間]
Pocket

今までTwitterで日毎に発信していた、EA運用補助、稼働停止推奨時間ですが、

・毎晩のTweetだと忘れることがある

・自分の相場観もメモしておきたい

以上のことから、こちらのブログに記事として残すことにしました。

 

相場観については、僕の好きなポンド円、多くのEAが対象とするユーロドルについて書きます。

(要望があれば他も書きます。)

 

あのTwitterアカウントは、宣伝アカウントに成りかわるでしょう。笑

 

ではいきます。

 

先週の動き

先週はブレグジットに関して英首相、北アイルランド首相の間で「合意可能な道筋があることで一致した」というヘッドラインにより、大きく荒れた週となりました。

 

ユーロドル

日足では上ヒゲを伴う大陽線。

雲に弾かれた形ですね。

 

週足では、若干たくり足に近い先週の陽線を引き継いで、陽線で引けました。

 

相変わらずの下降トレンドであることに変わりはありませんが、明けの明星という、買いシグナルに見えなくもありません

 

しかし日足では雲下限に、週足では転換線に弾かれた形で、上値が重いのも事実。

 

裁量トレード戦略としては、基本様子見から入り、雲上限と9月13日の高値1.1100ドル近辺を上抜けばロング、抜けられないようならば、叩いていくスタイルがいいかと思います

 

買い圧力がかなり強いので、ショートから入るのは危険ではないかと思います。

 

ポンド円

日足では雲に潜ったところで反転、木曜、金曜で6円もの値幅を見せ、132.4円近辺の水平ラインも突破、170EMAも突破し、その上で実体で引けています。

 

KSKは雲が好転していたこと、基準線、転換線も好転したことから、132円手前からロングのトレードをし、久々に計1000pipsを超えるトレードができました。(自慢)

 

週足では、大きな陽線を引き、上げ三法というチャートフォーメーションを形成しております。

しかし、日足での遅行線が170EMA、雲上限にて抑えられていることもあり、週足でも、基準線で弾かれ、若干の上ヒゲを残しております。

 

また、もっと大きな期間で見ると、2011年9月18日、2016年10月2日の安値を結ぶトレンドラインに支えられた形にも見えます。

ブレグジット関連で、一時120円と言われたポンドが突然伸びたことは、KSKが昔からずっと言っている、「テクニカルがすべて。ファンダが後からついてくる。」という理論を、改めて再認識させられます。

 

週足ではまだまだ下降トレンドであり、6円の陽線も調整にしか見えません。

日足では明らかに上がりすぎであり、今週は調整の売りがあると見るべきでしょう。

 

ただし、買い圧力も相当なものなので、ショートポジションの構築は危険にも思います。

(KSKはロングポジションの利益保存の為、両建てで週を越しています。)

135.4円の水平ラインへのリテストをこなし、定着が見えたら、ロング先行で入るのがいいかと思います。

 

 

EA稼働時間

EA稼働時間は、KSK自身のEA稼働時間であり、あらゆるEAに通ずるものだと思います。

 

10/14(月)

日米加が休場の為、終日停止推奨。

昼から酒でも飲みましょう。

 

10/15(火)

月曜にロンドン勢が荒らした相場が、東京時間で落ち着くと思います。

ロンドン勢参入後、17時頃から稼働推奨。

 

10/16(水)

18時にユーロHICP、21:30に米小売指標、23時にBOE、深夜に米ベージュブックと盛りだくさん。

昼12時の段階でオフにしましょう。

 

10/17(木)

終日稼働OK。

 

10/18(金)

金曜日という日柄、夜にBOEの為、昼12時には稼働停止推奨。

 

今週は稼働時間が少ないですが、慎重にいきましょう。

EAの稼働時間が少ない&ボラティリティが高まっているので、取れるところをしっかり裁量で取っていくことが大切かと思います。

 

まとめ

17日から台湾に行ってきます。

(2%仕事、98%遊び)

 

KSKへ連絡しても返信が遅れるかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。