2月17日(月)〜2月21日(金)[週展望&EA稼働推奨時間]

2月17日(月)〜2月21日(金)[週展望&EA稼働推奨時間]
Pocket

どうもKSKです!

 

連日飲み過ぎで、食道炎気味になってしまい、お酒が飲めないどころか刺激物を食べることもできません、、、

もう若くないんだなと実感します。。

 

先週の振り返り&週展望

先週はユーロがすごかったですね。

相変わらず原因精査等はしていませんが、大相場に発展しそうな勢いです。

 

ドル円

ドル円は先週、「基本様子見」「入るなら買いから」と書きました。

結果としては、盛大ないってこいでした。

やはり様子見で正解だったと思います。

 

さて日足では、水曜の大きな陽線が素晴らしいですね。

一時110円を超える場面もあり、かなり強気な演出でした。

しかし翌日木曜日は大きく売られ、金曜はそのままどっちつかずで終了。

 

 

1時間足は強烈な上昇の後、レンジ入りでした。

 

 

スクショ忘れましたが、週足では雲上限と170EMAが近い位置にいて、これが上昇を阻んでいるのではないかと思います。

 

後述するユーロドルを考慮すると、週足の雲を抜ける来週、再来週あたりで大きな動きがあるのではないかと思います。

 

また、チャート的にも109円後半にも買い注文が厚くなってきているようで、週足で準備が整ったら勢いよく上げるのではないでしょうか。

 

 

いずれにせよ、今週は引き続き様子見が良さそうですね。

 

109.5円程度から買っておくのもいいかもしれませんが、資金が縛られることを考えると、他の通貨を触る方が効率としては良さそうです。

 

 

ユーロドル

ユーロドルは先週、「売り」としました。

大当たりですね。1.084ドル付近までと書きましたが、そこも割って大きく下落しています。

 

日足は火曜に持ちこたえたものの、水曜から売り再開。

 

 

1時間足もダラダラと下げています。

しっかりと戻りのある相場形成で、ナンピン系EAは大きく稼げた相場でしょう。

 

ただ、1時間足で雲が下がらなくなってきているのと、日足で転換線と離れすぎている感じが否めなくなってきています。

 

今週は一旦戻しがある方が自然に見える為、引きつけて戻り売りで攻めてみたいですね。

 

 

ポンドドル

ポンドドルは先週、「売りから入りたい」と書きました。

が、木曜に活気付いて高く引けました。

火曜に、月曜のヒゲを埋めなかったので微損で済みましたが、依然納得はいっていないチャートとなっています。

 

日足ではまさかの5日連続陽線。

水曜の十字に近い足を見て木曜に売って、焼かれた人が多そうな雰囲気がありますね。

 

1時間足を見ると強そうなチャートですが、遅行線が足に絡み出しているのが気になりますね。

 

今週も難しそうです。

一旦様子見が吉でしょうか。

 

1時間足の雲の再逆転で売っていけそうかな?という感じ

 

EA稼働時間

※KSKはこうやって回すよというものです。
利益の保証はできません。

 

2月17日(月)

アメリカ休場。

欧州のユーロへの仕掛けが怖いので、終日停止。

 

2月18日(火)

終日稼働。

 

 

2月19日(水)

終日稼働。

 

2月20日(木)

夜ECB。15時に停止。

 

2月21日(金)

指標多数&金曜日。

12時に停止。

 

先週のトレード結果

↑EA検証(リアル口座)

 

↑Hiatus(公開デモ口座)

 

↑裁量(リアル口座)

 

槇原敬之

また逮捕ですか。

やはり薬物依存は怖いものですね。

普段からの素行もよくなかったみたいですし。

ダメ。ゼッタイ。ですね。

 

 

コロナウイルス

相変わらず猛威を振るっていますね。

数名死者も出ていますし。

 

これ、若い人はどうなんでしょう?

亡くなられた方のニュースを見てると、皆高齢な気がするのですが、、、

 

間も無く、誰もが感染しうる状況になると思いますが、ウイルスの構造自体がアルコールに弱いそうですから、基本に立ち返って手洗いうがいを徹底しましょう。

 

内側からのアルコール消毒(飲み)も忘れずに^^

 

 

食道炎

あからさまに飲み過ぎです。

2日連続記憶がありません。

 

物を飲み込むと胃に到達する前に強烈な痛みがします。

 

回復したら、休肝日を設けます。

もうそんなに若くないんだぞって、体が言ってるみたい、、泣

 

 

まとめ

今週末は大阪です!

アポ取りたい方は遠慮なくどうぞ^^

 

基本ミナミ、梅田にいる予定です( ´Д`)y━・~~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。