3月9日(月)〜3月13日(金)[週展望&EA稼働推奨時間]

3月9日(月)〜3月13日(金)[週展望&EA稼働推奨時間]
Pocket

どうもKSKです!

さぁ、今週もささっとやっちゃいましょう!

 

 

先週の予想答えあわせ&週展望

さて、先週も大荒れ相場でした。

ダウは2000ドル上げて下げ、日経平均もそれに連動し、節目とされる21000円をスッと割りました。

VIXも引き続き高い位置を継続。緊張が高まっています。

 

ドル円

さて、ドル円は先週、

「一旦は逆張りに賭ける」

「107.9円あたりにストップを置いて買い」

「108円を軽く割ってくるようならドテンショート」

としました。

 

月曜はなんとか強かったものの、火曜に全否定。

FRBの緊急利下げや雇用統計等のイベントをガン無視し、そのまま一気に105円台へ。

 

非常にシンプルな戦略だったので、大きく取れた方は多いと思います。

 

 

1時間足も綺麗ですね。

 

 

さて今週の戦略ですが、一旦は様子見したいと思います。

日足の転換線との乖離が広く、自律反発しそうですが、とても買えるチャートには見えません。

 

日足でちょっと戻って、さらに105円を割ったあたりで再度ショート」というシナリオがしっくり来ますが、今週だけでそんなに展開が進むとは思いません。

 

 

ユーロドル

ユーロドルは先週、

「入るならやはり売りから」

「1.11ドルあたりにストップを置いて、軽く売り、1.095割れ(前回安値割れ)で追加売り、それと同時に雲の再逆転も起こるので、さらに売り乗せ」

としました。

 

予想外に強かったですね。完敗です。

 

まだ一目均衡表的にはいまいちな形ですが、こういうボラティリティの時は 、ローソクだけを信用した方が良さそうです。

 

 

 

1時間足を見ると、一旦は下げそうな雰囲気がありますね。

 

今週は、買いから入りたいところですが、タイミングが難しいですね。

まぁ、前回高値である1.1356突破でついていくのが良さげでしょうか。

 

ポンドドル

ポンドドルは先週、

「引き続き売りで良さそう」

「なるべく高いとこを叩いていきたい」

「1時間足かなんかでサイン出るでしょう」

としました。

 

1時間足のサインは、なかったですね。笑

 

1時間足的には急いで買いたくなるチャートですが、日足はこんな感じ

 

ただのレンジでしたね。

 

各線の位置関係から、若干買い優勢かと思いきや、雲は逆転していて価格は潜っていると。

 

さて、今週は様子見ですか。

戻りがここまで強烈じゃなかったら売りたかったところですが、、

 

1.272~1.325をレンジとしブレイクでついていくという、原点回帰が良さそう

 

EA稼働時間

※KSKはこうやって回すよというものです。
利益の保証はできません。

 

※VIX指数が高くなってきていますので、EAの苦手な相場が予想されます。

なので、基本は完全停止。リスク取る人は、ロットを抑えて超安全な時間(下記)だけ動かしましょう。

 

3月9日(月)

指標は特にないが、またダウが荒れそうなので15時に停止。

 

3月10日(火)

 

19時、EU指標。

15時停止。

 

3月11日(水)

夜米CPI。15時に停止。

 

3月12日(木)

ECB政策金利。15時に停止。

 

3月13日(金)

18時停止。

 

先週のトレード結果

↑EA検証(リアル口座)

 

↑SHONAN(ほぼ放置デモ)

 

 

↑Hiatus(公開口座)

 

先週はHiatusが無双していましたね。

 

原油

実は密かにおもしろくなってきている原油。

KSKは実は商品先物が大好きなので、よく見ています。

 

日足

金曜の引けが超強烈な下落示唆に見えます。

 

 

日足俯瞰

こう見ると、2018年安値に近いから、まだ反発の余地もある。

 

週足

でも週足は上ヒゲ陰線と、めちゃ強烈ゥ!!

 

コロナウイルスによる需要減少、供給過多ということみたいです。

ちなみに、ゴールドマンサックスのレポートでは、世界全体の原油需要が、2020年は前年を下回る見通しが書かれています。

 

この、原油需要が「前年を下回る」という現象は、石油危機とリーマンショックの時しか起こらなかったそうで、とんでもない事態なんだそうです。

 

 

容赦無く売り込むしかないですね♪( ´▽`)

 

コロナウイルス

事態は深刻化するばかりですね。

 

先週は久々に酒の仕事をして、あらゆる飲食関係者と話す機会があったのですが、KSKが思っていたより大変です。コロナ。

 

コロナウイルス事態がどうのこうのではなく、それによる経済ダメージは計り知れないと思います。

 

 

 

まとめ

荒れに荒れた相場展開が続くでしょう。

こういう相場の時はあれこれ考えず、とにかくチャートについていくしかないと思います。

へたな分析をしている間に価格水準が変わってしまいますから。

 

でもこのボラティリティは、大儲けのチャンスだと思います。

コロナの被害者の方には申し訳ないですが、、、

 

あ、だからトレーダーとか投資家って忌み嫌われるのかな?( ´Д`)y━・~~

 

 

 

.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。