[四季報]2020年夏号[メモ]

[四季報]2020年夏号[メモ]
Pocket

どうもKSKです!

四季報夏号が発売されました。

KSK的に気になった銘柄をサクッと紹介します。

 

注目企業

注目というか、KSK好みな銘柄。

精査して良さげならば、ポートフォリオに入れたいですね。

 

3692 エンカレッジ・テクノロジー

オーナー企業、自己資本比率高め、キャッシュフロー健全。

システム系ですが、何屋さんなのかがいまいちわからないので要精査。

 

6554 エスユーエス

去年の秋号から監視中。

コロナを無視した業績予想が素晴らしいですね。

時価総額は43億円と小さめ。

もちろんオーナー企業で、財務も健全。

 

7033 マネジメント・ソリューションズ

こちらも去年の秋号から注目しています。

筆頭株主である「(株)ユナイテッド・トラスト」は社長である高橋信也さんの資産管理会社です。

相変わらず売り上げも財務も健全。

ノルウェー政府が株式欄に載っているのは、なんでしょう。

ま、なんにせよ精査しなければいけませんね。

 

 

ん?と思う企業

以下は、KSKが投資判断をする上で、「ん?」と思った企業です。悪い意味でね。

株でうまくいっていない方は、こういう視点も参考になるのではないかと思います。

3681 ブイキューブ

web会議等のコミュニケーションサービス提供。

コロナでweb会議浸透の流れを受けて、黒字化したようです。

ぱっと見、これからの時代に乗れるんじゃないかと思うのですが、この会社、次の配当が1~2になっています。

 

やっと黒字化したのに、すぐに増配しようとするのはなんなんでしょう。

発行済株式は2433万株ということで、単純に2433万円を配当に当てようとしています。

絶対そのお金、内部留保したり再投資した方がよくないですか?

 

うーん。。

 

 

3824 メディアファイブ

こちらも同様です。

時価総額7億、2020年5月決算予想が赤字なのに減配はしないという、一見株主思いに見えますが、株主の本意は長期的成長から来る株価値上がりによるキャピタルゲインです。

ここで減配してどうにか赤字にならないようにしようとする気概が見えないあたり、うーん。といった感じです。

 

 

まとめ

コロナは大変なイベントであったものの、これによって各企業の姿勢が見て取れますね。

株式投資家からすると、逆によかったのかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。