おすすめの暗号通貨取引所[OMP利用者向け]

おすすめの暗号通貨取引所[OMP利用者向け]

どうもKSKです!

今回は「おすすめの暗号通貨取引所」の紹介です!

 

暗号通貨取引所に大事な要素

KSKが考える「暗号通貨取引所に大切な要素」は、ずばり「入出金手数料」です。

 

スプレッドも大切ですが、どちらかというと入出金手数料の方が大切です。

なぜかというと、暗号通貨取引所は送金で使うことの方が多いから。

 

各FX取引所にて「BTCFX」が採用され始めている中で、CFDとしてのトレードをするのに、暗号通貨取引所を使う必要性は低くなってきています。

 

MT4の方が各インジケータが使えるしラインも引けるし、EAだって使えます。

 

「暗号通貨を取引して利益を得る」よりも、「送金や受け取りで使う」ことの方が、暗号通貨取引所の役目は大きくなってきています。

 

ということで、スプレッドよりも入出金手数料を重視すべきだと、KSKは思います。


たしかに、FXとして頻繁にトレードするのは暗号通貨取引所ではなくMT4が使える証券会社の方が良いね!
KSK
KSK

特にOMEGAPROを利用している人は、パッケージ購入や出金で頻繁に入出金をするはずだから、この手数料は決して無視できないんだよね

 

様々な手数料

暗号通貨取引所での暗号通貨取引には、様々な種類の手数料があります。

まずはその様々な種類の手数料をしっかりと覚えましょう。

 

取引所手数料、販売所手数料

これは取引にかかる手数料です。スプレッドとは別なので注意が必要です。

取引所と販売所の違いは、

取引所:人と人が暗号通貨を取引するところ。


38987ドルでビットコインを買いたいです!
KSK
KSK

今はその価格でビットコインを売ってくれる人がいないから、取引は成立しないみたいだよ

なんてことが起こりかねません。

その場合は注文はキャンセルされるか、近似値で約定することになります。

FXでいう、スリッページですね。

 

販売所:業者が暗号通貨を売ってくれる

対して販売所は、暗号通貨を大量に保有している業者が取引に応じてくれるところです。

注文が約定しないことはありませんが、スプレッド(後述)がやや広めです。

 

スプレッド

スプレッドは、買う価格と売る価格の乖離のこと。

たとえば執筆時点でのBitFlyerにおけるビットコイン1枚の価格は、

買う時:4,803,425円

売る時:4,523,100円

となっています。

 

買った瞬間に約28万円損するということ。

これは損というよりは、本来手数料の色合いが強いものです。

為替の世界ではスプレッドの存在は当たり前ですよね。

 

販売所はいつ何時も確実に暗号通貨を売ってくれる、買ってくれる為、スプレッドが広いです。

逆に販売所は、狭いのが通常です。

 

その為、トレードではなく暗号通貨の調達、送金を考える際は、販売所のスプレッドよりも取引所のスプレッドを考えた方が良いでしょう。


トレードで儲かることが前提でなくただの送金なら、必ずかかる手数料であるスプレッドは狭い方がいいね!

 

日本円入出金手数料

入出金手数料は、銀行口座から入金、銀行口座へ出金する際にかかる手数料のこと。

今回のキモとなります。

 

特にOMEGAPROユーザーは、毎週紹介報酬が出てくるのでそれの出金、毎月パッケージを積み立てるのなら都度取引所に入金、といった具合に、何度も入出金を行うと思います。

ATM手数料と同じで、回を重ねる程莫大な金額になっていくので、おろそかにしてはいけません。

 

暗号通貨の送金手数料

送金手数料は、ウォレット間での送金にかかる手数料です。

暗号通貨はブロックチェーン技術により出来上がっています。

ブロックチェーンとは、取引が起こるごとに有志がそれを承認、記録することです。

その有志で手数料をもらうことをマイニング、行う人をマイナーと呼びますが、彼らへの手数料です。

さらにそこに、取引所へ発生する手数料も含まれます。

 

各社比較

さて、各種手数料の意味がわかったところで、スプレッドより入出金手数料に重きを置いて、おすすめの暗号通貨取引所をランキング形式で紹介していきます。

今回大事なのは、

「トレードは他証券会社で行なうことが前提、暗号通貨の送金の為に暗号通貨取引所を使う」ことが前提という部分。

つまり、単純なスプレッドよりも入出金手数料や送金手数料が重要ということです。

 

1位:DMMビットコイン

第1位はDMMビットコインです!

販売所手数料、入出金手数料、ビットコイン出金手数料、すべて無料です!

 

取引所は、DMMビットコインは「BitMatch」という独自の方式を採用しており、スプレッドもかなり抑えられています。

 

とにかくめちゃくちゃ安い!

OMEGAPROユーザーからすれば、もう圧倒的にDMMビットコインです!!

 

 

第2位:GMOコイン

第2位はGMOコインです!

販売所手数料:無料

取引所手数料:Maker -0.01%、Taker 0.05%

入金手数料:無料(GMOあおぞらネット銀行、楽天銀行時)

出金手数料:無料

BTC送金手数料:無料

 

(口座開設は画像をクリック!)

Maker、Takerは、

指値を出していた人がMaker、そこに取引を当てた人がTakerです。

指値を出して取引成立を待ってもらっていたので、ちょっとご褒美あげるよ。というイメージですね。

 

Taker手数料0.05%は、BTC500万円時に1BTCの取引をすると、250,000円です。

ちょっと微妙かなという印象です。

 

HPはこちら→【GMOコイン】

 

第3位:コインチェック

第3位はコインチェックです!

取引所、販売所手数料:無料

入金手数料:無料(GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行利用時のみ)

出金手数料:一律407円

BTC送金手数料:0.001BTC(BTC500万円、1BTC送金時5000円)

※送金手数料はコインチェックユーザー間なら無料

 

高いですね。笑

OMEGAPROが保有する複数の暗号通貨ウォレットはもちろんコインチェックではないので、おそろしい金額の手数料が発生します。要注意です。

 

HPはこちら

https://coincheck.com/ja/

 

第4位:BitFlyer

取引所手数料:0.01%~0.15%

販売所手数料:無料

入金手数料:銀行振込 : 無料、

クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料

クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)

出金手数料:220円~770円

BTC送金手数料: 0.0004BTC(BTC500万円時、BTC1枚の送金で2000円)

 

 

とにかく高い!

BTCの取扱高は国内最高なので、BTC取引をするのならいいのでしょうが、今回はあくまで入金、送金、出金。

特にOMEGAPROユーザーには、BitFlyerはちょっとおすすめできません。

 

HPはこちら

https://bitflyer.com/ja-jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。