BPS(1株あたり純資産)とは?【株式投資】

BPS(1株あたり純資産)とは?【株式投資】

どうもKSKです!

 

今日はBPS(1株あたり純資産)について解説します。

EPSと似ていますが、まったく別物なので混同しないように注意しましょう。

EPSについてはこちら→PER(株価収益率)とは?低けりゃいいってもんじゃない【株式投資】

 

BPS

BPSはBook Value Per Shareの略で、日本語に直すと「1株あたり純資産」となります。

おや?EPSと似ていますね。EPSは1株あたりの当期純利益でしたね。

BPSも同じように、1株あたりの○○を示すものです。

 

算出方法

BPSは

純資産÷発行済み株式数

で求めます。

 

BPSの使い方

BPSが高いほど純資産が多く、負債が少ないということで、安定性が高い企業であると言えます。

逆にBPSが低いと純資産が少なく、負債が多いということになり、安定性を欠く会社であると見られます。

 

純資産と発行済み株式数から求められる為、基本的にはEPSと同じような使い方をします。

EPSについてはこちら→EPS(1株あたり純利益)とは?【株式指標】

 

まとめ

個人的にはBPSはEPS程の出番はないと思います。が、PBRを算出する際に使うので、覚えておいたほうが良いでしょう。

PBRはこちら→PBR(株価純資産倍率)とは?割安株がわかるわけではない?【株式投資】

 

運用はプロに任せよう!OMEGAPROとは?

株式投資の銘柄選定に迷ったり、投資成績がいまいち振るわない時は、プロに任せるという選択肢に入れましょう。

プロに任せるならOMEGAPROがオススメです!

(画像クリックでリンク先を開きます)

 

合わせてチェックしよう!

EPS(1株あたり純利益)とは?【株式指標】

PER(株価収益率)とは?低けりゃいいってもんじゃない【株式投資】

PBR(株価純資産倍率)とは?割安株がわかるわけではない?【株式投資】

ROE(自己資本利益率)とは?株式投資での最重要指標!!【株式投資】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。