NISAとは?ロールオーバーはいつまで?【株式投資】

NISAとは?ロールオーバーはいつまで?【株式投資】

どうもKSKです!

 

今日はNISAについて解説します!

 


最近流行ってるみたいだね!でも、NISAをしっかり説明できるかと言われると、できないなぁ

 


NISAはものすごく素晴らしい制度だから、絶対使おうね!
KSK
KSK

 

↓積み立てNISAはこちらをご覧ください↓

アクティブとインデックスの違いは何?積立NISAはどっちがおすすめ?【投資信託】

NISAとは?

NISAとは、Nippon Individual Savings Account の略で、少額投資非課税制度という投資利益に対する税制優遇のこと。

ISAというイギリスの制度にNipponとつけただけという、なんともセンスのないネーミングとなっています。

 

通常、投資で得た収益(配当金、分配金、売却益、譲渡益)に対して20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で取引すると120万円までの投資で得た利益を一定期間(現行のNISAの場合は、5年間)、非課税で受け取ることができるというもの。

 

たとえば50万円で投資した株式から、30万円の利益が出たとすると、普通は60,945円(30万円×20.315%)の税金がかかる。それが非課税になるということ。

 

ちなみに現行のNISAは2023年までの制度なので、2023年までに投資した分に対する利益しか非課税になりません。

 


2024年に投資しても、非課税にはならないということだね!

 


5年間非課税になるので、2023年に投資した分は2027年まで非課税で保有できるよ。
KSK
KSK

 

非課税期間が終わる際、なにもしなければ自動的に課税口座に移されます。が、手続きをすれば満期の金融商品を翌年以降の非課税枠に移す(ロールオーバーという)ことができ、非課税期間をさらに5年間延長できます。

 

https://www.smbc-card.com/like_u/money/nisa.jsp

 

たとえば2021年にとある株に60万円投資して、2025年に90万円になりました。

ここで売却すれば30万円の利益が出て、非課税で受け取れます。

が、もしその時に「もっと値上がりしそうだ」と思えば、手続きをすれば「2025年に90万円買った」ということにできます。

 

利用条件

・1人1口座。

株式投資家は複数の証券会社に口座を持っているのが普通ですが、どこか1つでしかNISA口座は持てません。

 

・1年間120万円まで。使わなかった枠は繰り越せない。

2019年に80万円投資したとして、残り40万円枠が残っています。が、この40万円の枠は2020年に持ち越せないということです。

 

・新規購入銘柄のみ対象

既に一般口座や特定口座で保有している銘柄を、NISA口座に持ち替えるということはできません。

 

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAは未成年者少額投資非課税制度といい、NISAの未成年者向けバージョンです。

通常未成年者は自分で口座は作れないので、親や祖父母が口座を作る必要があります。

非課税枠は80万円、その他は普通のNISAと同じです。

 

ちなみに口座資金は名義人(未成年者)が18歳になるまで引き出せません。

学資保険の自分でやるバージョンと思っておけばだいたい合ってます。

 

 

新NISAとは?

現行のNISAは2023年までですが、2024年から若干中身を変えて「新NISA」というのが始まります。

 

現行NISAは、120万円という枠内であれば自由に投資できます。

新NISAは、まず20万円の枠内で金融庁の基準を満たした投資信託(つみたてNISAの対象商品)を選ばなければいけません。その後、102万円の枠内で現行NISAから一部除いた金融商品を選ぶという「2階建て」のしくみになります。

 

KSK
KSK

NISAを利用して損を出した若者が多かったんじゃない?積み立てNISAの仕組みを組み込んで、「素人は最低限インデックス投資やっとけ」という思惑を感じるよ。

 

ジュニアNISAは2023年で終了

ジュニアNISAは終了します。

利用者が少かったそうです。

KSK
KSK

NISAを利用するのって、若い世代が多そうじゃん?その世代って、普通に考えてまだ子どもいないよね。

 

売却益よりも配当金向けの制度

そもそもが「投資をしていない人たちに投資を促したい」という考えから始まっている制度なので、個別銘柄を自分で選定して売却益を狙うというよりは、インデックスファンドなどへ投資して着実な資産形成をするのに向いている印象です。

 

KSK
KSK

KSKは打診買いをNISA口座でして、本格買いは通常の口座で行うというのをよくやるよ。

 

20.315%非課税の効果はどれほどなのか?

NISAは投資で発生する20.315%の税金が非課税になるのが特徴です。

果たしてこれは大きいのか?計算してみます。

 

毎年80万円、年利5%のインデックスファンドを買い、5年間続けたと仮定します。

20.315%の課税というのは、単純に年利1%減るということです。

一般口座 NISA口座
1年目初め 800,000 800,000
1年目終わり 840,000 840,000
2年目初め(納税、元本追加) 1,631,874 1,640,000
2年目終わり 1,713,468 1,722,000
3年目初め(納税、元本追加) 2,496,892 2,522,000
3年目終わり 2,621,737 2,648,100
4年目初め(納税、元本追加) 3,396,375 3,448,100
4年目終わり 3,566,194 3,620,505
5年目初め(納税、元本追加) 4,331,695 4,420,505
5年目終わり 4,548,280 4,641,530

 

ということで、上記の条件で5年間運用すると、NISA口座を利用した方が93,250円有利だということがわかりました。

 

まとめ


NISAは素晴らしい制度なんだね!

 


投資初心者はもちろん、上級者も数多く利用しているほどイイ仕組みだよ!必ず利用しようね!
KSK
KSK

 

↓こちらも合わせて確認してね↓

アクティブとインデックスの違いは何?積立NISAはどっちがおすすめ?【投資信託】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。