【3年後に億りたい人急募】超優良!暗号通貨案件【DSH】

【3年後に億りたい人急募】超優良!暗号通貨案件【DSH】

どうもKSKです!

今日は【DSH】という、今、大注目のサービスを紹介します!

KSK
KSK
超 ”旬” なサービスだから、最後までしっかり読んでね!

2024年BTC半減期

まずは昨今の暗号通貨事情ですが、言わずと知れた暗号通貨の代表格であるビットコインは、2024年に半減期を控えています。

※半減期…ビットコインのマイニング報酬量が半減すること

 

半減期の特徴として、その1年後に価格が大きく上昇するというのがあります。

チャートを見れば一目瞭然!

 

直近のビットコイン半減期は2020年5月に起きました。

当時9000ドル程度だったビットコインの価格は1年後の2021年11月に約7万ドルという高値をつけました

 

さらにその前の半減期は2016年7月で、その1年後の2017年はみなさんご存知「仮想通貨元年」で、200万円の値を付け、ビットコインの名前も一気に広まりましたね。

 

 

このように、ビットコインは半減期の1年後〜2年後に高値を付けるというのが過去の値動きからわかります。

 

つまり、2024年の半減期にかけてビットコインを仕込んでおけば、2025、2026の大きな上昇の波に乗れるかもしれないということです。

 

2025,2026に向けて今からビットコインをコツコツ買っておくと、すごいことになるかも!

 

ビットコインと暗号通貨市場は連動する

また、ビットコインは暗号通貨を代表する銘柄であり、ビットコインが下がると他のコインも同様に下げ基調に入ることが多々あります。

 

こちらは暗号通貨市場全体の時価総額の推移です。

 

ビットコインの価格推移と限りなく似ていることがわかるでしょうか?

ビットコインが暗号通貨市場における存在感が大きいというのもありますが、ビットコインと暗号通貨市場は連動するということです。

 

株式市場における、ソフトバンクやトヨタが下がると、その他の多くの銘柄も下げやすいというのと似ていますね。その現象は暗号通貨市場ではもっと顕著に表れます。

 

 

要するに、2024年のビットコイン半減期の後、2025,2026年には、ビットコインだけではなく他の銘柄も大きく値上がりしそうだということが言えます。

そしてそれは、過去が証明しています。

 

2025,2026に激アツなのはビットコインだけではなく、暗号通貨市場全体が盛り上がる

 

次の半減期の後は実需を伴う可能性が高い

最近の暗号通貨市場は、メタバース、NFT、Defiなどの、ブロックチェーンだからこそ成せる技術に注目が集まっています。

 

「暗号通貨ってなんかすごそう」

から、

暗号通貨はこうだからすごい。だから大企業もみんな参入する

という状況になっています。

 

あのFACEBOOKも、社名を「META(メタ)」にしました。

この「メタ」は紛れもない、メタバースの「メタ」です。

それだけ、世界中の大企業も暗号通貨市場に参入しようとしているということです。

 

ディズニーやNetflix、adidas、NIKEなどの世界を牽引する企業が、こぞって数百億をつぎ込んで、暗号通貨市場に参入しようとしているんです。

 

もはや、我々個人の「えー、なんか怪しいし、よくわからないからいいや」という意見は通りません。

世界を動かす大大大企業が暗号通貨市場(正確にはブロックチェーン業界)に注目している以上、世界はその方向へ向かいます。

 

また、それに伴い、例えば昔のような、「ある銘柄を保有し、値上がりを待つ」時代は終わり、DEXに預け入れて利息を得たりする時代になっています。

※DEX…ブロックチェーン上の銀行。現実の銀行と違い経費がかからないので、その分預金者に多くの利息を渡すことができる。年利100%もザラにある。

 

みなさん銀行にお金を預け、利息をもらいますよね。

その現実でできることが、既に暗号通貨でできるわけです。

これも「実需」の1つと言えます。

 

暗号通貨の世界はもはやただの通貨ではなく、実業への需要を伴う、もう1つの現実になりつつあるのです。

そしてそれは、次の半減期の後、2025,2026にきっと顕著に表れます

 

次のビットコイン半減期直後の値上がりは、今までのそれとはまったく質が違う

 

 

問題は、なんの銘柄を買えばいいのか?

さて、2025,2026年に向けて、暗号通貨にはチャンスがやってきているということを書きました。

 

問題は、

・なんの銘柄を買えばいいの?

・それを具体的にどうやって運用したらいいの?

ということですよね。

 

実は、誰でも簡単に銘柄選定をすることができます。

特別な技術や情報はいらないのです。

 

具体的には、、

①:CoinMarketCapの上位500位の銘柄のホワイトペーパーを読む

②:有望そうな銘柄を選定し、積み立てる

③:ステーキングできるものはする

④:2025、2026を待つ

ただこれだけ。簡単でしょ?

 

が、しかし。

すべてが英語だし専門用語も連発なので、ちょっと慣れてないとめちゃくちゃ難しいのが実情ですよね。

 

そこで今回紹介する、【DSH】というサービスの登場です!

 

DSH(ディー・エス・エイチ)

DSHは、大きく2つのサービスを提供しています。

 

・暗号通貨のプロによる運用

・メンバー限定勉強会の開催

 

詳しく見ていきましょう。

 

超期待!世界初のDEXでDefi投資ができる!

世界初「カジノを運営するDEX」に投資できます!

現実のカジノはめちゃくちゃ儲かることで有名(1晩で1億稼ぐカジノもザラにある)ですが、そのカジノはコロナ禍やネットという時代の流れもあり、オンライン化しています。

 

「オンラインカジノ」

みなさんも一度は聞いたことがあるでしょう。プレイしたことがある方もいるでしょう。

 

でも、オンラインカジノで絶対的に足りないものがありますよね。

そう。臨場感

 

バカラには『絞り』がなく、ポーカーには『雑談』も2枚の手札をこっそり見るドキドキもなく、スロットには『隣の台で出たらどうしよう』という焦りもない、、

 

1晩で大金持ちになれる反面、身を滅ぼす可能性もあるギャンブルをするのに、なぜかタキシードじゃないと入れなかったり、無料でシャンパンが配られたりする。美人なディーラーにチップをスライドさせるあの粋な仕草、途中で華やかな服を着せた伴侶を読んで周りの目を奪うあの優越感。

 

確率に支配されたマネーゲームの世界を、華やかな世界が包み隠す洗練された大人の社交場、それが本来の「カジノ」なわけです。

 

でもオンラインカジノには何もない。無機質な確率があるのみ。

それが、メタバースならある程度解消されるわけです。

 

カジノがない日本人には実感がないでしょうが、世界中が心待ちにしているのがメタバースの整備、そしてメタバースでのカジノなのです。

そんなメタバースカジノを、信用はDEXが担保する。そのDEXは、現実世界で最も国民性が高いとされる日本人が運営している。

 

わかりますか?この期待の高さ。

メタバースカジノは将来性が抜群で、そしてカジノはそもそも非常に儲かるビジネスで、そのカジノが儲かればDEXのガバナンストークンは青天井なわけです。

 

少々熱くなりすぎました。

詳しくはこちらにまとめていますので、ご覧ください。

DSHがDEXを開設したんだけど、これヤバイ!

 

メンバー限定勉強会の開催

さて、KSKがDSHに食いついたもう1つの理由はこちら。

メンバー限定、暗号通貨勉強会の開催です。

 

この勉強会では、「ブロックチェーンとはなんぞや?」という初歩的なことから、DEXへの預け入れ方法やメタバースの利用方法など、具体的な運用方法を学ぶことができます。

 

DEXへの預け入れなどは年利で100%を超えるものがザラにある為、3年後の『暗号通貨本番』までに効率よく大量の銘柄を仕込むことができるようになります。

 

勘違いしてはいけないのが、10万円が1000万円になるわけではなく、ADDY(トークン)の数が100倍になるということです。詳しい人向けに書きますが、DSHはADAMANTを悪例として挙げています。

 

それらで運用した方が利回りは高く、将来の投資成果が遥かに高くなる為、「もう十分勉強したな」と思ったら、DSHに運用してもらっていた分を引き出して、自分で運用しちゃいましょう^^

 

KSK
KSK

もちろん最初から自分でステーキングや銘柄選定ができる方は、DSHに参加する必要はないよ!

 

ただし、5ireコインやNIZKなど、世界中が注目するプロジェクトのプレセールも行ってくれる為、そういう意味では、やはり参加する意義はありそうです。

 

KSK
KSK

DSHの代表が、日本の暗号通貨の権威とも呼べる人だから、有益な情報や大注目のトークンのプレセールをどしどし行なってくれるんだ。ちなみに、DSHが開設する、日本初のDEXもまもなくオープンするよ!

 

ちなみに、プレセール銘柄が半端じゃないです。

「○○っていう銘柄買えるよ!」ってアナウンスが来て、その銘柄をTwitterで調べると、その銘柄がいかに期待されているかがわかります。

そんな銘柄たちを買えることが、実はKSKは1番気に入っているポイントでもあります。

 

1万ドル預ける

半年に1回5000ドル利益出金

その5000ドルで有望銘柄の仕込み

 

まさに錬金術です。笑

 

3年後に億るKSK

僕は自分でもステーキング等を行い、2021年は資産が400倍になりました。

今後はDSHから得られる知識、利益を利用し、3年後に備えようと思います。

 

一緒に大儲けしたい方は、下記の参加方法をご覧ください。

 

参加方法

いつも通り、LINEしてください。

スマホの方はこのページの下の方に、PCの方は右の方に、LINE追加ボタンがあります。

 

半減期ごとに3倍になるビットコイン

フォーブスの記事に、アークインベストのキャシー・ウッドが「2030年までにビットコインの価格が100万ドルに達する」と述べたと書かれています。

https://forbesjapan.com/articles/detail/46858

 

よく考えると、

2016年の半減期後→それまでの最高値9000ドルが20,000ドルに

2020年の半減期後→最高値は69,000ドルに

こんな感じで、半減期が来る度に高値を3倍前後の価格に更新してきていることがわかります。

 

半減期はおよそ4年周期でやってくるので、つまり、

2024年の半減期後→210,000ドル

2028年の半減期後→620,000ドル

に、高値を更新し続けていくことが予想されます。

 

2030年までに100万ドルはどうかと思いますが、それでも大きな可能性を秘めているビットコイン。

そんなビットコインを、元手をかけずに増やす方法も存在します。

(元手をかけない=マイニングではないということ)

 

そしてそれも、DSHに参加すれば知ることができます。

 

ただ値上がりするのを待つのではなく、運用によりトークン、コイン自体を増やしながら値上がりを待つことで、相乗効果の恩恵を受けることができます。

 

 

まとめ

  • 暗号通貨は2025,2026が激アツ!
  • だからそれまでに暗号通貨をしっかり仕込み、保有量を増やしておくことが大切!
  • DSHは資金を増やしながら、有望な銘柄を教えてくれる!
  • 【保有量の増加×値上がり】の相乗効果は計り知れない
  • これでKSKは3年後に確実に10億円稼ぎます^^
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。